Knoll Studio

Eero Saarinen、 Harry Bertoia、 Marcel Breuer、 Ludwig Mies van der Rohe、 Florence Knollなど、20世紀モダンデザインを代表するデザイナーによるファニチャーが「Knoll Studio」です。

Knoll StudioKnoll StudioKnoll StudioKnoll Studio
Knoll StudioKnoll StudioKnoll StudioKnoll Studio

Knoll Studio

「Knoll社の歴史は、そのまま近代デザイン運動の歴史でもある」と言われるほどデザインに精通し、それを追求・体現してきたKnoll。 1938年、当時24歳でドイツ生まれの家具商の息子ハンス G・ノールによってニューヨークで設立したKnollは、バウハウスが父、クランブルックが母と例えられるように、双方のデザイン思想と関係を経て発展しました。ハンスと、そのビジネスパートナーであり妻であるフローレンス・ノールの二人が続けてきたこのビジネスモデルは、現代でもなお脈々と受け継がれております。

彼らの親交から、ミース・ファン・デル・ローエやエーロ・サーリネン、ハリー・ベルトイアなど、当時の時代の先端を行く建築家やデザイナーとの画期的なコラボレーションが生まれ、20世紀デザインに多大な影響を与えることとなります。これら往年の著作を含むコレクションが「Knoll Studio」です。決して妥協せず研究を重ね作り上げられたプロダクトは、美と心地良さを備えた「使われる芸術品」と評されており、オフィス・パブリック・住宅等、あらゆるシーンにおいてモダンファニチャーの世界を広めています。

Products

製品一覧はこちらをご覧ください